【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

ダグラス タイソン

💋 もちろんカウントはそのまま続行されるからロスはない。

11

「タイソン、ダウン!」世紀の大番狂わせの“真相”:イザ!

ダグラス タイソン

♨ キング氏の主張は「疑惑のロングカウント」と報じられ、試合後、訴訟に発展した。

8

「タイソン、ダウン!」世紀の大番狂わせの“真相”:イザ!

ダグラス タイソン

☕ 構えた位置からビシビシと鋭く突く、ホームズ自慢のフリッカー気味のショートジャブは、やはりアリとのスパーリングで身に付けたものでしょう。 ダグラス戦の8回、タイソンがダウンを奪うと、私は「勝った」と思い、リングサイドへ猛ダッシュ。

20

マイク・タイソンはなぜダグラスに負けたのですか?

ダグラス タイソン

🤭 1990年2月1日、タイソンは東京・慈恵医大病院で予備検診を受けた。 10回、ダグラスがKO勝ちすると、ホリフィールドが再びこちらを向いたが、記者と同じように口をあんぐり開けていた。

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

ダグラス タイソン

😒 「ヘビー級史上最も太い首を持つ王者」と言われ、『鉄人』の異名を取る王者のタフネスの象徴でもあった。

4

マイク・タイソンはなぜダグラスに負けたのですか?

ダグラス タイソン

📞 もちろん足も使えたのですが、意識して打ち合いに活路を見出すようなところもあった。 やる気がなかった」がイライラの理由だった。