会社概要|与信管理のリスクモンスター

モンスター リスク

☢ 近年、いわゆる「反社チェック」への関心が強まっていますが、企業における「反社チェック」の利用状況はいかがでしょうか? リスモン: 取引先の与信判断と同時に反社チェックもしたいという企業が増えています。 商号 リスクモンスター株式会社 設立 2000年9月 代表者 代表取締役社長 藤本 太一 資本金 1,155,993,391円(2020年9月末現在) 従業員 連結(152名)単体(104名) 2020年9月末現在 主要取引銀行 りそな銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行 主要事業内容 与信管理ASP・クラウドサービス事業および関連コンサルティング事業、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ化サービス等の各種BPO事業、教育関連事業を含むその他サービス事業 所在地• 会社概要• リスモンさんが定量的なデータの分析やその他包括的な与信サービスの提供を強みとされているのに対して、当社は個々の案件に特化した質的・定性的な情報収集を行うことを得意としています。 また、座席数を減らしテレワークを推奨することで、通勤時の感染リスク低減と出勤者減少による三密回避を図ります。

15

リスクモンスター (3768) : 株価/予想・目標株価 [www.mycc.in]

モンスター リスク

🤩 与信管理のうえで、なぜ「個人信用調査」を行うべきなのでしょうか? テイタン: 個人を知ることが会社全体を知ること、ないしは更に深く知ることに繋がるからです。

8

会社概要|与信管理のリスクモンスター

モンスター リスク

⚛ 反社チェックは周知のとおり、白か黒かの判断が難しいものです。 com)は、支援ASP・クラウドサービスを主に、に関連するコンサルティング事業、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ化サービス等の各種BPO事業、教育関連事業を含むその他サービス事業を展開する企業。 リスモンがテイタンの提供する「個人信用調査」の紹介を開始した理由を教えてください。

18

会社概要|与信管理のリスクモンスター

モンスター リスク

😭 自社グループの事業に対する理解を深めていただくために、保有株数及び保有期間に応じた自社及びグループ会社の製品・サービスを贈呈いたしております。 ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• テイタン: リスモンさんのおっしゃるように、オンラインでの商談が増えた事で取引先のオフィスの状態や担当者の雰囲気など、肌で感じるような情報を得ることが難しくなりました。 また、座席数を減らしテレワークを推奨することで、通勤時の感染リスク低減と出勤者減少による三密回避を図ります。

6

リスクモンスター本社オフィスをリニューアル ~“出社+在宅”新しい働き方に合うオフィス環境を整備~

モンスター リスク

✆ リスクモンスター(以下、リスモン): 当社は、日本最大級の企業データベースを保有し、定期的なロジック改定と専門アナリストによるチェックによって、精度の高いRM格付などの与信判断指標を与信管理サービスにおいて提供しています。

14

リスクモンスター本社オフィスをリニューアル ~“出社+在宅”新しい働き方に合うオフィス環境を整備~

モンスター リスク

✋ 「この状況下でのオフィスの存在意義とは何か」を改めて考え、オフィスでの時間の使い方、過ごし方を大切にすることで、個人の能力や生産性を最大限に発揮し、またテレワークとの相乗効果を生み出しながら、オフィスに来ることを再認識できる場所・環境を作ります。 21年3月期第3四半期累計 4-12月 の連結経常利益は前年同期比28. 当社では調査を長年提供させていただいている中で、今日、リスモンさんからも個人調査ニーズが多くあるというお声をいただき、当社から個人信用調査を提供させていただく運びとなりました。 テイタン: 先ほど述べたとおり個人信用調査は、「個人」を調査する信用調査となります。

8

リスクモンスター

モンスター リスク

✇ 評価制度: 評価は、目標管理シートで目標とコンピテンシーの評価を行うが相対評価の傾向が強く、個人の実績より部全体の評価結果を見て個人の評価を決めてるいる部署もあるので、不満がある人はいる。 認証取得• 【主なリニューアル内容】 1 フリーアドレス化 無線Wi-Fi環境を構築しフリーアドレス化。 以来、法人会員向けビジネスを要にサービス分野を拡大し、各事業部門・子会社(与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービス)ごとに取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

13