【図解・経済】かんぽ生命の不適切契約問題(2019年7月):時事ドットコム

生命 販売 問題 不正 保険 の かんぽ

🤛 取材拒否されても報道する手段はあり、今年7月まで放送を許さなかったのはおかしい」と批判する。 弁護士を含むメンバーで構成された第三者調査委員会が7月以降5か月間にわたり、調査を実施してきて、今回報告書として、まとめたのを受けた会見だったのですが、調査対象者が、 3万8千300人で、 違反疑い事例が 1万件以上、その事例の募集員の対象人数は 4213人におよんだことが、報告された。 しかし、かんぽ生命によれば、解約によって契約者の年齢が上がることなどから保険料が増えるといった事例があったが、契約時には新旧の契約内容の比較を示すなどの対応をしており、「不適切な募集とは認識していない」と説明していた。

日本郵便かんぽ不正の裏側/どう喝30分 ノルマ迫る/毎日目標・懲罰研修…容赦なし

生命 販売 問題 不正 保険 の かんぽ

💓 ノルマに追い詰められていつしかモラルを踏み外してしまった。 どういうものかというと、 たとえば、顧客が保険を乗り換える場合、 普通だと、まず、新たな保険に加入してから 古い保険をただちに解約する、というのが一般的です。

かんぽ生命の保険は加入してはいけない?顧客が「もらえる保険金」より「払う保険料」が多い

生命 販売 問題 不正 保険 の かんぽ

💔 かんぽ生命の主力商品は、「養老保険」「終身保険」 では、かんぽ生命は、もともとどのような保険商品を扱っているのか? 以下の図表は、2017年度の新契約の商品構成である。

17

かんぽ生命の保険は加入してはいけない?顧客が「もらえる保険金」より「払う保険料」が多い

生命 販売 問題 不正 保険 の かんぽ

🤝 2年経過後に解約が発生 さらに、退職した局員が担当していた顧客を回り、保険を変えさせるという手口も横行しているそうです。 一般に、保険商品は、乗り換えを行うのは、補償内容の見直しなどやむをえない場合である。 騙しやすく、説得もしやすい高齢者がターゲットになった様子がうかがわれます。

かんぽ生命の不正販売に見る、手数料ビジネスの問題点とは

生命 販売 問題 不正 保険 の かんぽ

🎇 1日3回メール 「日本郵便にとっては保険販売が大きな収入源でありノルマが課せられていました。 同委が上田会長を厳重注意した後の昨年11月7日には、同委宛てに感謝状を送り「かつて放送行政に携わった」と経歴を強調した上で、執行部への「引き続き強力な指導・監督」を念押しした。 現在では「新フリープラン」として販売されている。

8

【かんぽ不正】日本郵便横山社長の姿勢への重大な疑問~「日本郵政のガバナンス問題」としての保険不適切販売問題

生命 販売 問題 不正 保険 の かんぽ

☯ そして終身保険は、いわゆる「新ながいきくん」というペットネームで親しまれているもの。 過剰なノルマは何も変わっておらず、管理職から詰められる毎日です。

かんぽ生命、契約者向け「不適切販売チェックリスト」…即解約や郵便局員の説明鵜呑みNG

生命 販売 問題 不正 保険 の かんぽ

⌛ かんぽ生命保険と日本郵政は、 2020年1月からの販売再開を目指していたが、年内に業務停止命令が出されれば、さらなる販売開始延期の可能性が強くなった。 参考 : 西日本新聞 これも顧客にとって何もメリットがないどころか、無保険となる期間があるので非常に危険です。

17